Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

フラッシュバック!

「おくりびと」観ました。
ほんとは「ベンジャミン・バトン」を観ようと思っていたのだけれど、
乗り遅れちゃいけない!って思って・・・。

平日の昼間だからか、やっと予約が取れたくらいなので、満席。
見渡したら、平均年齢がすごい高くてびっくりしました!
ハンカチ、ぐしょぐしょになりました~泣
客席でも笑い声と(特におばさまたちの)汗;、後半は鼻水の音がたくさん聴こえました。

観ている間に、お線香の匂いを思い出しました。
お寺で生まれ育った私にとって、お線香の匂い→幼少の頃を蘇らせる・・・
お経の声、家の周りに広がるお墓、遊び場と通学路だった霊園。
いろいろな風景が頭の中でフラッシュバックしました。
そして、人はいつか死ぬものなんだと、子どもながらに理解してたことも・・・。

笑いと涙、生と死、歓びと悲しみ、笑顔と泣き顔、純白の雪景色と黒い喪服の人々、
滅びる肉体と生き続ける魂、愛と憎しみ・・・そのコントラストの中でさりげなく、
細やかに、なおかつ美しい所作で淡々と行う納棺師を演じている姿を見て、
これは日本人だからできることなんだなあと思いました。

オスカーで賞をもらったということは、、海外からも共感を得たということ。
日本の文化、日本人の根底にある本質を、大事にしていきたいですよね。
日本人として、誇りをもたせてくれたことにありがとう!という気持ちになりましたキラキラ

映画や本は、自分を知るためのツールのようなものだと思ってます。
私もこれまでに、自分でたまたま見つけたり、友人が教えてくれたりした本や映画から、
自分が忘れていた記憶や想いを思い出させてくれたり、自分の求めている答えと出会わせてくれた
機会がたくさんありました。
自分のことが一番よくわからないから、観えないから、なにかを通して自分を観る・・・
家族も、パートナーも、友人も、すべて自分を知るためにいてくれている存在と考えたら・・・
やっぱり“ありがとう”しかないですね!ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート



スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|幸せ☆|2009-02-28_11:17|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。