Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ほんの30数年前・・・

数日前、甥っ子たちが「計画停電」と題して、動画を送ってくれました。

暗~い部屋の中で勉強してる(ふり?)設定で、コントやってました

その無邪気さに救われました!


私が子どものころ、まだ、ほんの約30数年前、

よく台風や雷で停電したものでした。 (東京で・・・生まれ育ちは江戸っ子!台東区です。)

一昨年こちらに来て、何度か大雨や風邪が強い日に停電があり、

子どもの頃を懐かしく思い出しました。


このブログでも以前書いたと思いますが、

ここは日本みたいに暖房完備されてる所は少ないです。

(リスボンとか都市の中心は整ってると思いますが)

家の中も、学校も、レストランも、カフェも、寒いです。

室内でも寒いから上着は脱げません。皆脱ぎません

でも、それが普通。

学校では小さな暖房器具が各部屋にあるだけ。

家では暖炉が多いです。


でも、私が子どもだった頃とそんなに変わらないのです。

電気ストーブとか石油ストーブ、こたつがあったくらいで、

着ぐるみのようにたくさん着て、ピアノの練習してたのを思い出します。

布団だって、毛布や綿布団の薄いのから厚いのまで5~6枚重ねて、

重いんだけど、その重さが妙~に心地良くて 

寝る前には必ず、5~6枚すべて頭を揃えるのが習慣になってました


昨年末、日本に戻った時に、改めて異様さを感じました。

電車やバスの中、デパートetc... エアコンがガンガンにかかってて、

とっても気持ちが悪かった

前からこんなだったっけ?と疑ったくらい。

ここポルトガルでは、室内と外の温度差が違い過ぎるのは体に良くないって

皆言います。

エアコンの使用を見直すだけでも随分違うのでは?

と単純に思ってしまいます。
スポンサーサイト
comments(1)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-03-26_18:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。