Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

コメント

岩岡様、jackie様


私含め、皆が気持ち良くブログを活用できることを願い、

ここにコメントさせていただきます。


人の心は奥深いもの、そして人生も、実際見えているのは氷山の一角。

私の人生40年ちょっとですが、やっとここに辿り着き?辿り着かされ?再スタート。

私にも蓋をしたいことはあります。

いや、してることもあります(笑)


ないのはわかっているからこそ、求めたいと思う気持ち・・・

手に入れようとあがく自分・・・

誰にでもあると思います。

理想と現実、葛藤や混沌を知っているからこそ思うこと、願うこと。

蓮の花のように、下(足元)がどんな泥沼でも、上(見える部分)は美しく、凛としていたい。

そんな理想の姿に近づけさせてくれるのが、私にとって”音楽”です。


今回の件で、いろいろ気づかせていただけたことがあり、有難く思っております。

どうか、これで完結とさせていただきたく、

また、気持ち良くブログを再開していただけることを望みます。

皆様のご活躍をお祈りしております。


                          石塚 優美子














スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-02-17_22:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

RoseSpirit様

このたびの岩岡の失礼については、お詫びのしようもないものですが、
このようなメッセージをいただき、感謝します。

人の考えはいろいろ、さまざまで、どれが正しいとか間違ってるとかはないと思いますが、

が、どう考えても、あのような言い方をすることはありませんでした。
ただただ、謝るしかないと思っております。

私については、Roseさんと同じように、
汚いことは誰でも、どこでも、あって、当たり前、
でも、その中でも、凛としていたい、
と思っています。
でなきゃ、汚いままですもんね(*^^)

いつか、Roseさんの音楽を聞いてみたいです。
ポルトガルに行く予定はあるのですが、当分先になりそうで…

日本でもたまに演奏されることもあるようですが、
できることなら、一度、
ポルトガルで、Roseさんの音楽を拝聴したいと、切に願っています。

その日を楽しみに…

改めて、今回の岩岡の発言については、申し訳ありませんでした。
今回の、このメッセージ、心から感謝します。
ありがとうございました。
このような私にわざわざこのようなコメントをしていただき申し訳なく思っております。
先日、雨上がりの日、池と水溜りに写った公園の風景を見て、ふと思いました。多分あんなことを書いた私の心は、にごった水溜りなんじゃないかと、、、澄んだ池には綺麗な風景画移っているのに、、、 考えて見れば私もどろどろしたところから逃げてここへたどり着いたわけですし、Rose さんにあのようなことがいえるような立場じゃなかったです。逃げている自分の気持ちへの苛立ちが、あんな形で出てしまったのかも知れません。本当に申し訳ありませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。