Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

風船おじさん、ポルトガルに上陸?!

帰ってきてから最初の仕事は、先生たちの会議で始まりました。

以前にもこのブログで書いたけど、

想いはめぐりめぐって・・・(前)
想いはめぐりめぐって・・・(中)
想いはめぐりめぐって・・・(後)

私が務める学校の校長パウロは、本当に“風船おじさん”と重なる・・・。

春に母がこちらに来たとき、パウロは自宅に招待してくださいました。

そのとき、私たちは話したいことが山ほどあったけど、なんせ言語の壁が!

それでも話したいことをポルトガル語で書き、直してもらい、

手紙にして、それをもとに長い時間会話しました。

鳴き砂について、風船で飛び立った父について etc...

持っている資料の中で、飛び立ってから最後の映像になる、

雲海に浮かぶたったひとつの風船付きゴンドラのDVDを帰り際に置いてきました。

それを見た直後、パウロは「あの映像は素晴らしい!!!日本に戻る前にいろいろ聞きたいことがあるから!」って、目を輝かせて言ってくれました。

そして、帰る間際にいろいろ質問され、なんとか答えて会話が終わるころ、

「もしよかったら、秋のファミローザ・ハーモニーと赤ちゃんたちのコンサートの時に、

お父さんの話してもいいかな? お母さんは気を悪くしないかな?」と、

気遣いながら言ってくれました。

そして、夏休みが終わり、再会の場所である学校の会議室へ。

P1020198.jpg

天井に浮かぶ・・・いきなり、やられました~!!!

さらに、一人一人に配られる会議のスケジュールの紙にタイトルが
「Ishizuka - 夢の調律師」、パウロの手にはしっかりと母が書いた「風船おじさんの調律」が!


一年前にパウロと初めて会って、日本の新聞記事と一致したときの大興奮と同じくらい!

パウロは後で、黙っててごめんねって言ってたけど^^;

・・・続く




スポンサーサイト
comments(-)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2010-09-09_01:18|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。