Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

先生たちのコンサート♪

つい先日、校長パウロの学校(略名でSAMP・・・いつ見てもSMAPかと思っちゃう(笑))で、

「先生たちのコンサート」を、無事終えました~!

観客は生徒たちやその家族たちです。


1ヶ月以上前から、ピアノの曲を決めて、毎日練習。

ファミローザ・ハーモニーならではの女性作曲家の作品、

ファニー・メンデルスゾーン(メンデルスゾーンのお姉さん)の「アンダンテ・カンタービレ」を演奏♪

いつもファミローザ・ハーモニーのコンサートでピアノ弾くけど、4人だもんね。

今回は泣いても笑ってもひとり! 人前でピアノの独奏なんて、いつぶり???

改めて、ピアノって大変なのね・・・と実感^^;

もちろん、歌は余裕です^^)v

今回は、校長のアイデアで、デュエット&日本語の歌を一曲ということで、

デュエットは、モーツァルトの「猫の二重唱」 私の歌詞は “ミャ~オ♪” だけ。

画像 006

これ、かなりうけました!!!

そして、私の大好きな子守歌・・・「ねむの木の子守歌」

今回、伴奏してくれたピアノの先生ルイスが、この曲とっても好きと言ってくれて嬉しかった♪

P1010623.jpg


コンサートの最初と最後には、校長パウロがギターを持ってテーマソングを歌い、

曲の合間には、子どもたちを飽きさせないように、赤ちゃんの教室の先生たちがおもしろい楽器を持って、会場中を周ります。

私も一観客として、とっても楽しませてもらいました^^)

最後は出演した先生たち皆で演奏♪

私にとって記念すべきコンサート、とっても素敵な夜でした手書き風シリーズ星

スポンサーサイト
comments(-)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2009-11-01_19:51|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。