Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

想いはめぐりめぐって・・・(後)

さらに “ズーだ!” と確信させてくれた、エピソード手書き風シリーズ星


実は、最初に校長パウロは私の書類を見て、日本に電話した。

夜中、電話が鳴ったので、母が寝ぼけまなこで時計を見ると、午前4時

そう、母の好きな数字 “4” の午前4時に、

父が飛んで行って行方不明になってから、頻繁に電話があった。


母は “えっ?だれ?もしかして・・・” という思いもあって電話に出たら、

パウロと名乗って話し始めた。

母は直感で、この人は変な人じゃないなと思い、

私は今ポルトガルにいるということを伝えて電話を切った。


なぜ午前4時に・・・?

ポルトガルの電話番号も書いてあるのに、なぜ日本に・・・?

すべてがリンクしてる・・・としか思えない。


まだ私の中の確信を抑えぎみに母に伝えていた頃、

校長パウロが自ら企画運営している「赤ちゃんたちのコンサート」のサイトを見た母は、

本当に似ていると、 “ズーもこういうことやりたかったのよね・・・” 

と感慨深く、涙まじりに話していた。

その言葉を聞いて、私はやっぱりそうかと、母もそう思うなら間違いないと、さらに確信した。



地球の反対側で、日本と遠く離れたこのポルトガルで、こんな出会いがあるなんて!

人生は、なんて素晴らしいんだろう・・・

思いもよらないことが起きる

想いはめぐりめぐって、つながっていくんだね。

国境を越えて、人種を越えて、この世もあの世も越えて・・・

P1010611.jpg
スポンサーサイト
comments(-)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2009-10-29_20:40|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。