Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

8月31日

子どもたちの夏休みは、今日が最終日。

私も、明日ポルトガルへ戻ります。

彼が来てからは、またバタバタと、家族皆で故郷・軽井沢に移動し、久しぶりに満喫できました


今回、無事にサルテリオと一緒に帰って来ることができて、

(ぎりぎりまで持ってこれるかどうかわからないことがあったので、事前に公表はしていませんでしたが

出張セラピーや新しい出会いを通して、貴重な体験もさせていただき、心から感謝しています

この9月から、ポルトガルでも音楽セラピー” Wão" を始めさせていただくことになっているので、この体験を生かし、さらに精進させていただきたいと思っています。


さらに、家族・恩人や友人たちからパワーをもらって、戻ります

写真(1)
上野・忍ばずの池の巨大な ”蓮の花” にビックリ!
力強く生きてる~!!!

写真(2)
久しぶりのかき氷 ”白玉入り宇治抹茶” 美味しかった~^^)



スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-08-31_10:03|page top

残暑お見舞い申し上げます。

連日の暑さですが、皆さんいかがお過ごしですか?

今週末は気温が下がるそうで、今から夢見ています


今回はこちらにいる間に、片付けようと思っていたこと、

また片付けなくてはならない諸事があり、

いつもなら、帰ってきてすぐに連絡して

会う日を約束する恩人・友人たちにも、失礼してます

戻る前に急遽連絡するかもしれませんが、お許しを!


そんな中、彼がポルトガルから来日します。

これも急遽決まって・・・

一度目の来日は2008年の春、いい季節でした。

さて、今回はこの暑さに耐えられるのか?・・・


皆さんも、どうぞお体に気をつけてお過ごしくださいね




comments(0)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-08-17_10:30|page top

受け継がれていくもの

日本に帰って来てから、3週間経ちました。

遠く離れた地から観て感じていた現在の日本と、

実際に、日本の中で感じるのとでは、

温度差を感じています。

一見、なにもなかったかのように、すべてが動いています。

ここ、東京では。


スーパーに行って、びっくりしました。

大型スーパーだから、野菜も豊富だろうと行ってみたら、

産地は一種類のみ、しかもあのすぐ近くの県産。

選択の余地がない。

そんな気にしていたら、生きていけない・・・そうかもしれない。

でも、子どもを守るのは大人しかいない。

未来に繋げるのは今の大人たち。


ジブリの映画
「コクリコ坂から」を観てきました。

”受け継がれていくもの” 

想いの継承、

文化の継承、

魂の継承、

命の継承

・・・を改めて感じさせられ、感謝する時間が持てました。


奇遇にも、映画を観終わったら話そうと思っていたことがありました。

50年前に他界した、会ったことがない祖父の着物を、

いとこに受け継ごうという話。

すべて、つながってる・・・。
comments(0)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-08-09_19:14|page top

音楽は・・・


”音楽は人間の魂を天上に連れていってくれるもの

今年89歳になるヴァイオリニストのイヴリー・ギトリス氏。
親日家でもあり、大震災のニュースを聞いてすぐに、
日本へ行くとマネージャーに電話されたそうです。
急遽5月に来日、被災地である石巻を訪ね、コンサートをされました。

「地震や津波が人の命を天上に持っていってしまうものなら、

音楽は人間の魂を天上に連れていってくれるもの。

音楽にも大きな力があるのです。」

comments(0)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-08-09_14:49|page top

表現する喜び♪


毎年7月末に行う、私たち” ローザ芸術学院 ” の発表会が、

今年も無事終了しました

皆さん、お疲れさまでした!

いつにも増して、生徒さんたちのご家族、お友達だけでなく、

お客様もたくさんいらしてくださって、

「毎年楽しみにしてるんです。」

「いや~、この発表会なんだかおもしろいんだよね~。」というお声も・・・。


そう、そのお言葉どおり、ユニーク・・・なんだと思います

”風船おじさん” こと、父がすべてを投じて作ったオーケストラのピアノカラオケ伴奏による演奏をはじめ、

ピアノだけでなく歌も歌ったり、子どもたちは友達とデュエットしたり、親子連弾あり、

演奏だけでなく、皆個性的で、それぞれ人生ドラマあり・・・といった感じで。


人前で演奏するというのは、普段と全く違った空間、感覚です。

緊張感、高揚感・・・いろんな感覚が突然やってきて、それにどう対応するか、

そして、その中でどれだけ表現できるか、

自分というものを改めて認識するひとつの手段かもしれません。

特に子どもたちにとって、

充分にできた、できなかったは置いといて、

努力した、最後までやり遂げた、という

自分への信頼が、悦びにつながっていくのだと思います。


表現する喜びは自分への悦び、生きる喜び


P1020945.jpg
”Adufe” アドゥフというポルトガルの民族楽器。
私が勤めている音楽学校のパウロ校長が、
甥っ子たちに、それぞれの名前入りでプレゼントしてくれました!

P1020964.jpg
1部と2部の間には、ファミローザ・ハーモニーからの音楽の贈り物
ポルトガルでのチャリティーコンサートを一部再現と、
頂いた楽器も使って、皆で演奏しました

                       

子どもたちの

未来を守る

命がけで 

音楽は愛

満ち溢れる光

            by 石塚 由紀子




comments(1)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-08-01_10:06|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。