Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

夜の社会見学^^)

母が来て10日経ちました。

今回は、私たち「
ファミローザ・ハーモニー」をプレス向けにプロモーションしてくださるという

お話を急にいただき、急遽母も来葡。

お世話になってます大使館にもご挨拶に行ったり、

私が務めている学校の校長先生のお宅でサルテリオを披露したり、

今回はコンサートの予定はないので、羽を伸ばしてもらえるだろうと、

せっかく来たんだからあそこに連れて行きたいとか、

行きたいとこに連れて行ってあげようとか、

いろいろありまして、毎日あっという間に終わっていきます^^;


で、「体を動かしたいわ」という母のリクエストから、ボーリングへ

 
写真(2)

照明はきれいだけど、暗~いレーン。「三角の目印が見えないわ~。」と母。

確かに・・・

それに、高校生らしきグループが隣にいて、人のボールをおかまいなしに使っていくし、

右側のレーンの人が優先なのに、マナーなんてないったらありゃしない


そして、お次はダンスホールって言ったらいいのかな。

ディスコと呼ばれてるものは別にあるので、やっぱりダンスホール、それも健全な^^)

この空間がちょっと不思議・・・

老若男女、ペアでちょっと腰フリフリ、ステップ踏んで踊ってます

音楽はラテン系のポップスからフォークダンス、バラードまで。

高齢のご夫婦が笑顔で見つめ合いながら踊ってるのがとっても微笑ましい

こちらの人たちは音楽が鳴り出したらすぐ踊りだすっていうくらい、好きなんですね。

写真(3)  

「社会見学ね!スッキリしたわ~♪」という母のコメントで、終了~

スポンサーサイト
comments(1)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-02-28_07:01|page top

コメント

岩岡様、jackie様


私含め、皆が気持ち良くブログを活用できることを願い、

ここにコメントさせていただきます。


人の心は奥深いもの、そして人生も、実際見えているのは氷山の一角。

私の人生40年ちょっとですが、やっとここに辿り着き?辿り着かされ?再スタート。

私にも蓋をしたいことはあります。

いや、してることもあります(笑)


ないのはわかっているからこそ、求めたいと思う気持ち・・・

手に入れようとあがく自分・・・

誰にでもあると思います。

理想と現実、葛藤や混沌を知っているからこそ思うこと、願うこと。

蓮の花のように、下(足元)がどんな泥沼でも、上(見える部分)は美しく、凛としていたい。

そんな理想の姿に近づけさせてくれるのが、私にとって”音楽”です。


今回の件で、いろいろ気づかせていただけたことがあり、有難く思っております。

どうか、これで完結とさせていただきたく、

また、気持ち良くブログを再開していただけることを望みます。

皆様のご活躍をお祈りしております。


                          石塚 優美子














comments(2)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-02-17_22:28|page top

つぶやき・・・

先日、いつも明るくお茶目なアントニオくんのレッスンで・・・

部屋に入ってくるなり、いつもと表情が違~う

暗~い、挨拶も蚊の泣くような声。

第一声で思わず、「どうしたの?」って聞いたくらいに。


そして、ピアノの前に座っていきなり練習曲を超スピード(彼にしては)で弾き始めたと思ったら、

涙目になって、「弾けない、だめだ、ピアノは好きじゃない。」って言い出した

「ありがとう、先生。でも、だめだ・・・。」って。

かわいそうだけどあまりにも可愛くて、笑そうになるのをこらえながら(笑)

「なにがあったの?」って突っ込んでみたところ、

お母さんになにかキツイこと言われたらしい・・・。

確かにあのお母さんキツそうだもんな~

発表会を来週に控え、どうする?次回に変更してもいいよって

なだめすかすようにレッスンに戻り、まあまあ復活して帰って行った・・・。


体つきはすっかり青年のような感じだけど、まだまだ子どもなのね~

外人の子ども(小・中学生)って大人っぽい顔してるし、

いまいち年齢と一致しないなあ。

写真
姪っ子、甥っ子たちが作って送ってくれた雪だるま!

comments(1)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-02-16_21:51|page top

2月13日

あれから6年・・・

シスター・ルシアが亡くなられて6年目の昨日、2月13日、

コインブラのサンタ・テレーザ修道院にて盛大にミサが執り行われました。

今まで公私ともにお世話になっていること、

昨年、「サルテリオ」という楽器に出会わせてくださったこと、

全部含めて感謝とお礼をこめて、献奏させていただきました


昨年12月に小さなイベントで初めて、公の場でサルテリオを演奏させていただきましたが、

今回は出会わせてくださったシスターたちの前でお披露目させていただくとなると、

緊張~^^;

でも、これから本格的にこの楽器と活動させていただくにあたって、

ご報告&お礼参りのような機会がいただけたことに嬉しくて、

感謝でいっぱいです



中に入りきれない程の参列者、礼拝堂の中も立ち見であふれていた程でした。

ポンバルという町からバンダ(吹奏楽団)も参加して、ミサの後にコンサートが行われました。

P1020546.jpg

P1020553.jpg

P1020557.jpg 
格子の外にはもちろんのこと、外界には出られないシスターたちは、
奥で聴いてくださっていました。


comments(2)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-02-14_22:25|page top

お礼

温かい励ましのお言葉やご指南をくださった皆さまへ

心からありがとうございます。

思いもしなかった反響に恐縮しているのと同時に、

身を正されるような思いです。


心の迷いから、頂いたコメントを削除させていただきましたが、

正々堂々とありのままに出しておこうかと思い、見たら、

本当に削除されてました^^;
(てっきり管理画面には残ってると思っていましたが)


これからもどうぞ宜しくおつき合いくださいますように。

皆様のご多幸を心からご祈念申しあげます

comments(1)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-02-13_08:58|page top

清濁

前回のブログにコメントを頂きましたが、

私なりに考えて、削除させていただくことにしました。


改めて、ブログを何のために書いてるのか考えさせられました。

正直言って、まだ答えはつかめていませんし、

書き続ける意欲が失われかけています。


このネットという世界は、言語と心が伴わないことが多々あるかと思います。

直接話したらなんでもないことかもしれないのに、

文章にして送ると、たちまち一方的な矢のようになってしまい、

先方の気分を損ねたりすることもあると思います。

顔が見えないだけに、伝える言葉は慎重にならなくてはと、気を遣います。


実は、前回のブログをアップする際に、

これだけを読んだら、そんなきれいごとばっかり言って・・・と思われるかもしれない、

でもそれでもいいや、と思っていました。

そしたら、ほんとに矢が飛んできて、私の心に突き刺さった


きれいなものばかり見て、感じて生きていられたらいいかもしれませんが、

そうはいかないのがこの世の中・・・

清濁併せ呑んで・・・生きましょう。

comments(-)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-02-09_08:26|page top

美しい世界

ニュースでは連日、世界で起きてる様々な事件。

自然災害では鹿児島の噴火、ブラジル、オーストラリアの洪水・・・

政治、宗教が引き起こす混乱、戦争・・・

目に見えてる世界はほんの一部で、

人間の心も世間と同じと言っていいかもしれません。

人間の意識がすべてを創りだしている・・・と言われてるように。


ある時から、「きれいな世界に行きたい・・・」って、とっても抽象的な願いを持っていました。

さて、きれいな世界とは?

怒り、悲しみ、憎しみ、争いなど、ネガティブなことはすべてない、

いつも感謝と愛の心だけでいられる美しい世界。

そんな場所は一体あるのだろうか。どこに?

結局のところ、あの世に行ってからのことなのだろうか。


その答えは、自分の心が知っていました。


”求めてる世界は外にはないよ。

それはここに在るから。

ここが、あなたの神殿だよ。”




神殿なら、毎日きれいにお掃除しなくちゃ。

お経を唱えるように、毎日音楽を捧げて、

お塩もったり、クリスタルを置くのもいいだろうし、

なによりも、感謝と愛の心で祈ること。

「世界が、人類が、幸せでいられる世の中でありますように。」






comments(-)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2011-02-01_22:36|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。