Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

バターリャの夜景

ここ数日、夜は5度を切って、とっても寒いです

皆さんも、風邪などに気をつけてくださいね

これから、いよいよ学期末突入~

各クラスの発表会やイベント目白押し、日本に帰る前日まで突っ走りま~す

つい先日、あるパーティーに校長の歌の伴奏でお供し、バターリャへ行きました。

ライトアップされて、夜に浮かびあがるサンタマリア修道院(世界遺産)がとても素敵でした

P1020433.jpg

お月さまも美しく・・・
P1020436.jpg



町の至るところにクリスマスの準備がされていて、あとは点灯を待つばかり。

ファティマも今年はイルミナサオンが復活!

去年はさみし~いクリスマスだった

お金がないのでやらなかったとか・・・。

そういうときこそやるべきだ!夢がない!と一人で息まいてましたが 

点灯されたら、写真アップします♪
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2010-11-29_08:09|page top

運命の出会い・・・


前回のブログで書いたアル物の正体は・・・

ジャ~ン 「サルテリオ Salterio」という楽器です

P1020396.jpg
左側は和音、右側はメロディー、音符と音名も書いてあって、指ではじいて弾きます。


とうとう、私のもとにやってきてくれました フランスから・・・。


この楽器との出会いは今年の春、

母がこちらに来た時に一緒にコインブラの
カルメロ修道院にご挨拶に行ったときのこと。

お世話になっているシスターと鉄格子ぞいに会話してる最中に、

「この楽器知ってる?」と持ってきてくださり、演奏してくださいました。

P1010914.jpg

まるで天から降ってくるような その音色に感動して、欲しい~、探そう!と思いました。

それからネットで調べたり、楽器さんに会うと聞いたけど、なんだかピンと来ず・・・

そして先月の10月15日、再びファミローザ・ハーモニーのコンサートをさせていただくため、

カルメロ修道院を訪れ、コンサート終了後、シスター全員がこの楽器を伴奏に歌ってくださ

いました。

そして、シスターに ”探してるんですけど、まだ出会えないんです。”と言ったら、

「この楽器を作ってるところを教えてあげるから、メール教えて。」と言ってくださって、

後日メールをいただきました。

フランスの修道院でシスターたちが作ってることがわかり、”これだ!”と、なんだか感動! 


さらにネットでいろいろ調べてみたら・・・

サルテリオはすでに演奏される伝統が失われた古楽器、

語源は古くは古代ギリシャの時代にあるようです。

起源はインドのサントゥールと呼ばれる楽器で、

西洋に渡ってサルテリオと呼ばれ、やがてチェンバロやハープシコード、ピアノになった

いわば「ピアノの元祖」だそうです。

しかも、インドや中国では瞑想や治療に使っていたそうで、私の使いたい目的と一致

目からうろこ・・・のようでした



実は、数年前から探してました。

イメージはギリシャ神話に出てくるような竪琴

心にスッと入ってくれる、琴線に触れるような音色、ちゃんと曲も演奏できるような

弦の楽器、見た目も大事・・・こんな願いを叶えてくれる楽器が、ありました


待ちに待った楽器が届いてケースを開けたとたん、

私の目に飛び込んできた二つの絵・・・

P1020399.jpg
4人の音楽の天使たち

P1020398.jpg
群集に注目されてるマリアさまらしき女性


その直後、号泣 号泣 ・・・

なんでかわからない、でも心の奥底から”これを待ってたんだ”って声が聴こえる。

これが運命の出会いっていうの?

最高のお供が現れて、新たな ”
ローズスピリット” の始動に光が射してきたように感じています

お披露目できるようになるまで、日々精進






comments(1)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2010-11-21_04:44|page top

霧の中


今日は一日  寒いです。

さすがに、もう暖房使ってます。

夜、25キロ先の学校から戻ってくると、3度は気温が変わる

ここファティマは山の上だからね。

今、みるみるうちに、窓の外は霧で白くなっていく・・・。

P1020400.jpg


昨日はフェイラ(市場)に行って、これを買いました
全部で3ユーロでした
写真で見るとちょっと小さく見えるけど、けっこう背が高いです。
P1020404.jpg
名前は~、忘れちゃった!「カモミーラ」みたいな名前。もっとちゃんと聞いておくんだった

P1020405.jpg
一ヶ月後くらになると、このつぼみが開くそうな・・・

P1020401.jpg
今、これを書いてる部屋にも飾ってみました♪

そうそう、カーテンもやっとつけました

ずっとお気に入りに出会えたらと思っていたら、やっと出会えました

IKEAで、即決めした音楽の天使の布 色もイメージとピッタリ!

近所のおばさんにカーテンにしてもらいました。


そして、やがて私のもとに来るであろう・・・アル物のために、カバーも一緒に作ってもらいました

さあ、アル物とは・・・一体なんでしょう
  
P1020402.jpg




comments(0)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2010-11-19_20:47|page top

名刺がわり・・・

ポルトガルでのコンサート・ツアーの写真と動画を整理しながら、

とうとう重いオシリをもちあげて

「Facebook」と「You Tube」にデビューしました

こちらでは、二言目には「Facebook持ってる?」

知り合いのミュージシャンには、「ツールとして今はとっても大事だよ。」と言われたり。

”めんどくさいのイやだなあ~。”と思いつつ・・・。

ついでに「MySpace」もバージョンアップしようとやりだしたら、

あれやこれや・・・ほぼひきこもり状態で作業してました

まだまだ改良の余地はありますが、ひとまず一段落

それにしても、小さい箱(パソコン)相手にシコシコ・・・ばかみたいと思いながらも、

その向こうに広がってる世界を想像すると、面白くなってくるから不思議

たかが箱、されど箱・・・

アップして間もなく、お会いしてないけど、ポルトガルでのコンサートにいらしてくださった方から、

嬉しいコメントあり

励まされます

facebook.com/famirosa.harmony

http://www.myspace.com/famirosaharmony













comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2010-11-15_08:28|page top

秋の休日♪

11月1日は祭日で3連休だったので、

ブラガに行って友人たちとスペインのオレンスにある温泉

”い~い湯だな♪アハハ~ン♪”と思わず歌っちゃいましたよ


そして、昨日はリスボンにあるオペラハウス、Teatro Nacional de São Carlosへ♪

学校からのお誘いで、コンサート形式でのマスカーニのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」

P1020390.jpg

P1020382.jpg
舞台天井近くには、ポルトガル語の字幕が流れてます♪

P1020386.jpg
ゴージャス~!

P1020389.jpg
案内された席は・・・映画でしか見たことのない個室席一度座ってみたかった!

P1020387.jpg
終演後、記念に一枚♪

久しぶりにオーケストラと歌を甘美なメロディーで堪能し、気持ちよく外に出たら、

前方に不思議なお方

P1020391.jpg
前から見ても・・・

P1020392.jpg
後から見ても・・・頭が本だ~。


そこへ、素敵なご婦人が「ご存知?フェルナンド・ペソアっていう有名な詩人で・・・」と、

突然話しはじめられ、「日本人の方?ヨウコソ!リスボンへ。」と日本語まじり

どうやら日本語を何年も勉強されていて、日本には2回いらっしゃっていて、

「ニホンワウツクシイ、ニホンワワタシノユメデス。」と話してくださいました。

そして、「今年は日本とポルトガルの修好150周年で・・・」とお話始めたので、

その関係で家族とコンサートツアーを終えたばかりだと話したら、

「ムスメ3ニント、ハハノ?!数年前、アジュダ宮殿のコンサートに私行ったわ!!!

こんなとこで会えるなんて!」と皆でびっくり!大盛り上がり

思いがけない出会いに大喜びしました


P1020393.jpg
そして、ご婦人の説明で納得!この前のアパルタメントの2階で
詩人フェルナンド・ペソアは生まれたのでした









comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2010-11-08_23:35|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。