Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ベルばら~?!

今日から日曜日までコンサートが続きます~。

今日は私が務めている音楽学校があるレイリア市という場所にある素敵な劇場です!

今日はちょっと緊張~

学校の生徒たちやその家族、先生たちも来てくれるから!

しかも、1部は着物で15分の休憩でドレスに着替えての2部構成♪

アーメン


このコンサートツアーのポスターも、いろいろな所に貼ってくださっています^^)

ベルばら・・・みたいでしょ?!

PJ150_web_S.jpg

こちらでいろいろ助けてくれてるフランシスコさんが、日本とポルトガル修好条約150周年を絵で表してくれました
デザインは、もちろん義兄で同級生のつばたふみたか


スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2010-09-30_19:17|page top

鳴き砂の浜で♪

こちらはすっかり秋晴れのような爽やかな日が続いています。

2回目は、大西洋が一望できるホテルでコンサート♪

2007年のコンサートツアーでもお世話になりました。

P1020242.jpg


美しい鳴き砂の浜辺と、海と、夕日を見ながらの演奏は、格別です~

リスボンから車で30分くらいの、ここギンショの鳴き砂の発見者は私たち、

専門家の方から最高の鳴き砂とお墨付きを頂きました。

その時に作ってくださった鳴き砂の音のCDと調査書を、

今回は会場の皆さんに説明することができました。

そして、今回のコンサートツアーではオリジナルの「鳴き砂のほほ笑み」を

ポルトガル語で歌っています♪

 ”鳴き砂は 私の住む この地球の音楽 ”

少しでも伝わってることが嬉しいです。

DSC00164.jpg
コンサート終了後、ホテルのオーナー夫妻と♪

comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2010-09-26_01:31|page top

初日終了~♪

コンサート初日から着物で、なんとか着ました~。

次回からはもう少しスムーズにいくかな

やっぱり着物の威力はすごいですね! 衣装勝ち?!

今回は着物の要望が多いのだ~

こちらの皆さんは想像できないだろうなあ~・・・持ってくるのだって重いし、

着るのも時間かかるし、ひもを何本も使って締めてるし、暑いし・・・。

でもね、日本の文化の継承のためです! ぐゎんばるぞ~


今回のコンサートツアーでは、日本とポルトガルの150周年を音楽でも表そうと、

ちょっとした仕掛けを考えました♪

それが、大成功~

客席の皆さんの反応が想像以上で、中には「ムイント、オブリガーダ!」を連発するおばさまたちも!

とっても素直な反応に、私たちも嬉しい~


DSC00069.jpg
コンサート終了後、駐ポルトガル三輪大使と。
間もなく任期を終えて、再びブラジルの大使になられるそうです。


そして、今回主催の日本大使館とカナヴァーロ財団の創設者カナヴァーロさんが私たちのために

用意してくださった夕食会では、「創作寿司」を頂きました!

お寿司が揚げてあったよ~! 

素敵なおじさま、カナヴァーロさんは貴族のご出身で、昔は日本の大学でポルトガル語を教えていらっしゃったとのこと。息子さんは日本で生まれたそうで、日本語も披露してくださいました。

DSC00079_20100924185258.jpg
ワインが美味しくて、4人はホロ酔い~


さ、今日は2回目♪ 鳴き砂の浜「ギンショ」へ行ってきま~す!
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2010-09-24_18:57|page top

コンサートツアーの始まり始まり~♪

先週の木曜日の夜、大きな荷物と共に母と姉と妹が無事到着!

そして、明日ツアーの初日を迎えます。

実は、皆にとっておきのサプライズを用意してありました

それは、ピアノです

学校に行けば練習できるのだけれど、学校の授業の合間をぬって皆にリハーサルに来てもらってとか、

考えたらちょっと大変。

もし、私の条件を満たしてくれるピアノと出逢えたら、買おうと決めてお店に行ったら、

出逢えちゃった 

小さいけど、生まれて初めて自分で買ったピアノです 

皆の反応は・・・それは喜んでくれました!
(でも、感の鋭い母はちょっと気づいていたようで、恐るべし!)



いよいよ明日はツアーの初日。

サンタラインという市で「日本文化週間」が一週間開催されます。

そのオープニングでのコンサート、いきなり着物です。

これがけっこう大変なんだよなあ・・・はっきり言って、コンサートより 

会場でお会いする日本人の方へ・・・多少の乱れはお許しを~ 
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2010-09-21_07:29|page top

風船おじさん、ポルトガルに上陸?!(続編)

最初は私のお父さんとも言わず、パウロは私たちの少ない情報の中から本質を、

先生たちに熱く、ツバとばしながら話してました(笑)

言葉が理解しきれないことに悔やんだくらい。

鳴き砂について、調律師である風船おじさんが楽器や物でなく鳴き砂の音に魅かれたこと、

飛んでる映像も見たけど、まさにファンタジア、ありえない!って。

生活の中でいろいろあるけど夢を持とう、

世界でいろいろ大変なことが起きているけど、なんのために生きているのか、

なんのためにそれをするのか、考えよう etc...

先生たちの中で準備がどうだったかとか質問が挙がったけど、

パウロはそういうことはどうでもいいんだ、本質はね・・・って。

本も、義兄の挿絵も脚光浴びてました^^)

話のあとの休憩で、何人かの先生たちは興味深々に本の写真や挿絵を見てました。

ある先生は私に「全然知らなかった~。ぜひファミリーの音楽聴きたいんだけど、どこでやるの?」

って言ってくれたり、なんか温かい反応が嬉しかった!

午後の会議の最中、誰かが心配ごとを話し始めたら、

誰かが天井の風船を指して、夢をもとうよって言ったりして(笑)


パウロが私に、「今年のこの学校のテーマにするんだ!」って笑顔で言いました。

その言葉を聞いて、わあ~って泣きたくなるくらいでした;;)

父のことが、このポルトガルで、私がいるこの学校で、こんなふうな形になるなんて!

実際、昨日の生徒たちの親の会議でも、熱く語ってました!

「生活の中でいろいろあるけど夢を持とう、

ちょっと地上から飛んで見てみれば、すべてちっぽけなことに思えてくるよ。」


P1020182.jpg



いよいよ5日後、2007年以来3年ぶりにファミローザ・ハーモニーがここポルトガルに上陸

日本・ポルトガル修好150周年ーコンサートツアーが始まります




comments(-)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2010-09-09_01:58|page top

風船おじさん、ポルトガルに上陸?!

帰ってきてから最初の仕事は、先生たちの会議で始まりました。

以前にもこのブログで書いたけど、

想いはめぐりめぐって・・・(前)
想いはめぐりめぐって・・・(中)
想いはめぐりめぐって・・・(後)

私が務める学校の校長パウロは、本当に“風船おじさん”と重なる・・・。

春に母がこちらに来たとき、パウロは自宅に招待してくださいました。

そのとき、私たちは話したいことが山ほどあったけど、なんせ言語の壁が!

それでも話したいことをポルトガル語で書き、直してもらい、

手紙にして、それをもとに長い時間会話しました。

鳴き砂について、風船で飛び立った父について etc...

持っている資料の中で、飛び立ってから最後の映像になる、

雲海に浮かぶたったひとつの風船付きゴンドラのDVDを帰り際に置いてきました。

それを見た直後、パウロは「あの映像は素晴らしい!!!日本に戻る前にいろいろ聞きたいことがあるから!」って、目を輝かせて言ってくれました。

そして、帰る間際にいろいろ質問され、なんとか答えて会話が終わるころ、

「もしよかったら、秋のファミローザ・ハーモニーと赤ちゃんたちのコンサートの時に、

お父さんの話してもいいかな? お母さんは気を悪くしないかな?」と、

気遣いながら言ってくれました。

そして、夏休みが終わり、再会の場所である学校の会議室へ。

P1020198.jpg

天井に浮かぶ・・・いきなり、やられました~!!!

さらに、一人一人に配られる会議のスケジュールの紙にタイトルが
「Ishizuka - 夢の調律師」、パウロの手にはしっかりと母が書いた「風船おじさんの調律」が!


一年前にパウロと初めて会って、日本の新聞記事と一致したときの大興奮と同じくらい!

パウロは後で、黙っててごめんねって言ってたけど^^;

・・・続く




comments(-)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2010-09-09_01:18|page top

素敵な結婚式♪

戻ってきて最初の週末は、学校の一日会議と友人の結婚式のはしごでした!

こちらの結婚式はほんとに朝から夜中まで、食べて飲んで踊って

まずは、厳かに教会での結婚式
P1020183.jpg
最近、ヴェールかぶってる花嫁さん見ないのよね~。

P1020188.jpg
新婦をやさしく見つめる両親の姿にうるうる~


このカップルはまだ20代中ば、職業はレントゲン技師。
大学時代から付き合って、今は職場も一緒。
一年前に家も購入して一緒に生活を始め、めでたくゴールイン!
新婦の一家はおじさんが神父、お父さんは教会のオルガン奏者、姉妹とも教会でお手伝いと、
敬虔なカトリック信者。
新郎は・・・普段ミサに行かなくとも(そういう人たちもたくさんいます)、
決めるときは決めてました(笑)

そして、パーティー会場はキンタへ。
昔の領主の家や庭が今はパーティー会場として使われてます。
大きなお庭と大きなゲストハウス。
新郎新婦は馬に乗って登場~!
ランチ→ディナーと、ひっきりなしに続きます。

その合間にバーで、新婚さんのダンス♪
P1020205.jpg

そして、皆踊りだす~
P1020206.jpg

アレルヤ~
comments(-)|trackback(0)|ポルトガル|2010-09-08_07:35|page top

戻ってきました♪

ポルトガルに戻ってきました!

1ヶ月半の日本は、とにかく暑かった

半ばバテぎみで日本脱出

ヒースロー空港に着いたら、今度は寒いくらい!

風邪ひくよりはと思い、免税店でカーディガンを購入しました。

日本が暑すぎて、なんにも考えられなかった~

海外旅行に行く方は、気をつけてくださいね♪


さて、1ヶ月半の滞在もあっという間でした。

生徒さんたちの発表会、9月半ばから始まるポルトガルでのコンサートツアーの準備、

友人たちとの再会、子どもたち(姪っ子、甥っ子たちね!)とできる限り一緒に過ごす、etc...

いろんなことを気づかせてくれた、とても充実した夏休みを過ごすことができました

皆さん、ありがとうございました


こちらは、授業が13日から始まります。新年度の始まり~♪

明後日は先生たちの会議なので、時差ボケよ、早くとんでけ~!

20100730-1.jpg
今年の発表会は、小さい生徒さんたちのために、
ファミローザ・ハーモニーもちょこっと演奏しました♪
comments(0)|trackback(0)|ローズスピリット・メトード|2010-09-03_04:26|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。