Rose Spirit~バラの奇跡

ポルトガル・聖地ファティマからRose Spirit~愛の気~を綴ります♪

プロフィール

Rosespirit

Author:Rosespirit
声楽家、ピアニスト、サルテリオニスタ
日々の中で聴こえる、感じるRose Spirit~愛の気が、奇跡をもたらしてくれます☆
現在ポルトガル・ファティマに拠点を移し、音楽学校で教師をしています♪
コンサートや音楽セラピー”Wao~和音”も展開中。
また、ファミリーで結成している"ファミローザ・ハーモニー”では、日本国内をはじめ海外(ドイツ、ローマ)、近年ではポルトガルでのコンサートツアー(2007,2010)で活動しています。

~ポルトガルの有名な伝説『バラの奇蹟』~
昔、貧しい人たちのために町に行きパンを配る、とても思いやり深いイザベラ王妃がいました。ある寒い朝、たくさんのパンをマントの中に隠してお城の外に出ようとしたら、ディニス王に呼び止められてしまいました。困ったイザベラ王妃は、バラを持っているのですと答えました。1月にバラ?と不信に思っている王の前でマントを広げたその時、奇蹟がおこりました!
たくさんのパンが、イザベラ王妃の言葉どおりに美しいバラに変わっていたのです。
後にその奇蹟が讃えられ、聖人イザベラとなりました。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

帰国しました♪

昨年9月~10月にかけて行った一ヶ月のコンサートツアーからちょうど一年。
またポルトガルの地に居れることに、なにか感慨深いものを感じました。
いつも温かく迎えてくれる、そして温かい幸せな気持ちにさせてくれるこのポルトガルの地に、心から感謝ですキラキラ(オレンジ)


一ヶ月ぶりの日本・・・飛行機から降りて、蒸し暑いことにびっくりしました汗とか

日本から外に出てみて、改めて世界を観ることができます。
空港で会った優しいアメリカ人のおばあちゃま、荷物をちょっとの時間だけ見ていてくれた優しい老夫婦、重い荷物をサッと持ち上げてくれたおじさま、大丈夫?と声をかけてくれたお姉さん、その度に人の優しさに感動します。ポルトガル人は根っからお節介すぎるほど親切、困っている人には声をかけて親切に教えてくれます。時には2~3人集まってきて、なに言ってるかわからない程です(笑)
そしてまた、人との触れ合いに感動します。愛をたくさん感じますふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

日本を訪れたことがある人は、皆「素晴らしい国だ」と褒めてくれます。
自分の国を褒めてくれるのは、とても嬉しいことです。
この「素晴らしい国」に住んでいる人たちが、もっと愛を感じられる世の中になることを
願ってやみません。

皆さんにたくさんの愛が届きますように・・・ローズ

P1000833.jpg
(夕暮れ時のファティマ 遠くに見える十字架が大聖堂)
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-28_01:37|page top

甘~い夢☆

ポルトガルで有名なお菓子といえば、日本のカステラの元祖「パオン ドゥ ロー」と、
「パステゥ ドゥ ナタ」

写真のお店は、創業1837年からの老舗「パステゥ ドゥ ブライン」
リスボンのジェロニモス修道院(世界遺産)の近くにあります。

P1000866.jpg

このお店の名物が「パステゥ ドゥ ナタ」・・・日本でいうエッグタルト(パイ)ですにっこり


P1000869.jpg

店内は、この甘~いお菓子を求めにきた人たちで溢れていました。
もちろん、中でカフェと一緒に出来立ての温かいナタを味わうこともできます。
外側はサクッ、カリッ、中はトロリ・・・思い出しただけでも・・・kao02 
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-26_01:41|page top

秋になりました♪

ポルトガルと日本は、ほぼ同じ緯度上に位置しています。
ポルトガルにも日本と同じように四季があり、気候的にもよく似ています。
昨日22日に、ポルトガルでは秋が始まったとニュースで言ってました。
そして、日本では今日は秋分の日。秋が始まった日本に、ひとまず帰りますローズ


ファミリーに感謝をこめて作った巻き寿司♪
P1000594.jpg
シャリを作って、中身は二種類・・・スモークサーモン、きゅうり&かにかま
総勢15人の大ファミリー、大皿2枚分作りました。
「スシ!スシ!」と皆喜んで食べてくれましたが、さらに大人気だったのがお好み焼き!
焼くのに必死ですっかり写真を撮るのを忘れましたが、「ピザ・ドゥ・ジャポネーシュ!」と
喜んでくれました~ピース

がんばった甲斐がありました~グー!





comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-23_19:19|page top

四葉のクローバーの奇蹟☆

13日に散歩の帰り道、みつけた四葉のクローバーclover

それ以降、2回もcloverに出会いました!
その度に一緒にい合わせた近所の人、友人は「とってもラッキーね!」と一緒に喜んでくれました♪

ささいなことだけど共に喜ぶ、喜びを分かち合う・・・
笑顔の魔法で私はとっても嬉しくなって、幸運のおすそわけふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

P1000822.jpg
(僕の名前はチェ・ゲバラ。みんな僕のことをチェー!って呼んでます。僕と散歩の帰り道に四葉のクローバーを見つけたんだよ。3回も!僕はラッキーボーイ?!)肉球
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-21_23:01|page top

天使が舞う☆

ファティマの近くの小高い山の上にある、聖母と天使のモニュメント

P1000836.jpg



美しい月キラキラ
P1000770.jpg

comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-21_01:05|page top

サルディーニャ!

今日のお昼ごはんは、サルディーニャ!いわしの炭焼きですニコニコ。 横向き
P1000817.jpg

日本では焼き魚一匹で充分なのに、焼きたてアツアツ&美味しさにつられて
3匹も食べてしまいましたkao02
でも、ポルトガル人は5~6匹は食べてるもんね!

つけ合わせには、お米・パン・パスタを食べます。
今日はブロア(固めの大きなとうもろこしパン)を細かく砕いて、じゃがいも、ボーボラ(かぼちゃ)、
豆を煮て混ぜ合わせたもの。あっさり塩味で、仕上げにオリーブオイルをたくさんかけていただきます。
P1000818.jpg
いわしの塩焼きとよ~く合って、また食べ過ぎてしまいます苦笑い

お母さんkao02いつも美味しいごはんをありがとうございますふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-19_01:12|page top

自然の恵み☆

ポルトガルで美味しいものは?

なんといっても、ワイン・オリーブですニコニコ。 横向き

南から北までたくさんの種類のワインを作っているポルトガル。
残念ながら日本ではあまり知られていません。
ちょっと車を走らせれば、葡萄畑が広がります。
P1000703.jpg

そして、たくさんのオリーブの木。もちろん、オリーブオイルも美味しいです!
P1000815.jpg


自然の恵みよキラキラ ありがとう。
今日も感謝とともに美味しいワインをいただきますLOVE
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-18_03:10|page top

最西端の最南端☆

最南端の岬「サグレシュ」・・・海の向こうはアフリカ大陸キラキラ(ピンク)

P1000672.jpg
P1000674.jpg
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-17_02:55|page top

大自然の贈り物♪

ユーラシア大陸の最西端に位置するポルトガル。

特に南のアルガルヴェ地方の海岸は、サマーバケーションの人たちでいっぱいです。
なのに、どの海岸に行っても砂浜はいつもびっくりするくらい、綺麗です。
キラキラ光ったキラキラ(オレンジ)砂は“鳴き砂”かしら。

P1000647.jpg
(小船で渡って行く小さな島フゼタ)

P1000656.jpg

P1000689.jpg
(ファロのマリーナからサンセット)
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-17_02:41|page top

お祭り

ファティマでは毎月13日に聖母マリアが現れたということで、13日はいつにも増して人が多いです。

同じく聖母マリアが現れた港町ナザレでは、お祭りがありました。
P1000754.jpg
(大きな絵は、崖から落ちそうな騎士の前に現れた聖母マリアが描かれています)

教会でのミサの後、町の広場でポルトガル各地方のフォルクローレ(民謡)が繰り広げられました。
P1000763.jpg

お世話になっている家族も出演 kao02
歌と踊りで、楽しい一時でしたニコニコ。 横向き
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-13_04:28|page top

13日の奇蹟☆

今日13日は、3人の子どもたちの前に聖母マリアが現れた日☆
(正確には5月~10月の毎月13日に現れました)

預かっている子どもたちと犬の散歩に出かけて、ふとある場所に行ってみました。
シスター・ルシアの生家の庭には、2度目にアンジョ(天使)が現れた場所が在ります。
P1000823.jpg
1916年、2度目に現れた天使は、3人の子どもたちに「ポルトガルの平和の為に、たくさんお祈りしてください。聖母マリアがなにか特別なことをあなたたちに与えます」と告げました。

そこでお祈りをして、気持ちのいい空気を感じながら帰る途中、道端に咲いているたくさんのクローバーたちに気づきましたclover
「四葉のクローバーがあるかも!」と思って、よ~く見てみると・・・
P1000750.jpg
「やったぁ~bikkuri01 ほんとにあった~キラキラ(オレンジ)

皆喜んでくれて、「とってもラッキーだね。本にはさんで栞にするといいよ」と教えてくれたので、すぐ実行!

皆にも幸運が届きますように・・・ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星


comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-13_03:32|page top

キンタで幸せの食卓

ポルトガルでは、「キンタ(農場)」の一部をホテル、レストラン、サッカー場、乗馬、etc...にしている施設が数多くあります。

周りは山、畑、森に囲まれ、とても静かな時間が流れています。
P1000574.jpg


ポルトガルは、古いものをとても大事にしていると思います。
新しくするにしても、古いものを残しつつ、気持ち良くミックスしている・・・
程よいバランスが暖かく感じられる、心を落ち着かせてくれる気がします。
P1000579.jpg


P1000582.jpg
ポルトガルのレストランでは注文しなくても、まず最初にパン、オリーブ、ハム、チーズ・・・
たくさんテーブルに並びます。食べなければ、料金は取られませんのでご安心を(笑) 

P1000584.jpg
シーフードのクリームスープ 




comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-12_04:05|page top

奇蹟の港町

ファティマから車で約一時間、港町ナザレ。

ここでも聖母マリアの奇蹟がありましたキラキラ(オレンジ)
断崖絶壁から落ちそうになった馬に乗った騎士の前に、聖母マリアが現れて一命を取りとめたそうです。
そのお礼に建てられた小さなお御堂。

P1000590.jpg

ここにも、たくさんの観光客が訪れます。


海岸では、いわしの炭焼きのいい匂い・・・ニコニコ。 横向き
P1000587.jpg
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-12_03:41|page top

これで一人前!

いまだに料理の量が測れません。

ということは、食べる量も測れてないということ・・・?!

美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます^^;

P1000556.jpg    P1000557.jpg

左はチキン、定番のポテトフライとご飯。
右はサラダ。
これで一人前です。
もちろん!一人では食べません^^)

よくポルトガルの料理はどんな料理?と聞かれますが、
日本人の口にとても合ってると思います。
肉も魚もよく食べるし、特にいわしの炭焼きは大根おろしと醤油があればまさに日本食!
この写真のチキンは、まるで「チキンの竜田揚げ」かと思うくらい、
よく似ていました。

今、食物はスペインから多く輸入されていて、ほとんどが大量生産。
ポルトガルで作っている野菜、果物は少ないけどオーガニックが多く、ちょっと値段も高いけど美味しい。日本でも同じですね。

びっくりするのは、食事の後に必ずデザートを食べるのが習慣です。
レストランでも、家でも。
特に家ではしょっちゅうお母さんがデザートを作ります。
立派な体格してる人が多いのは、そのせいかしら?

P1000591.jpg

プリン(日本のプリンより固くて重いです)、焼きりんご(小さい頃よくおやつに食べた~)、
チョコレートケーキ、アップルパイ、洋なしの赤ワイン煮etc...
私は一口もらって食べる程度ですが、美味くてついつい・・・^^;



comments(1)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-05_20:01|page top

山の美容院

P1000541.jpg

P1000539.jpg

P1000529.jpgP1000533.jpg

comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-04_19:17|page top

のどかな日曜日

ピンポン(ポルトガル語ではピングポング!)をしよう!ということになって、
そんな簡単にできるところがあるのかと思いきや、ファティマのとあるカフェ。

どうやら男性たちの溜まり場のようです苦笑い
ビリヤードやゲーム、もちろん卓球台もありました笑い。

P1000515.jpg


白熱したピンポンを観戦しながら、気になるのがトランプに夢中なおじさまたち!
ゲームの結果についてか口論してるおじさまたちや、黙々とゲームをするおじさまたち・・・。

P1000523.jpg


のどかな昼下がりの日曜日の1コマでした笑

comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-02_18:39|page top

世界中からの祈り

ファティマから車で1時間弱、学生の町コインブラに、
シスター・ルシアが守られていた修道院があります。

P1000513.jpg

そこで2月に出来た私たちのCD 「愛・祈り・感謝」のライブ録音させていただきました音符
ちょうど礼拝堂ではミサの最中だったので参加させて頂いて、お世話になったシスターたちにも会うことができましたニコニコ。 横向き

すぐ隣に、シスター・ルシアの記念館も出来ました。
ここにも世界中からたくさんの人が訪れます。

P1000508.jpg

記念館ではシスター・ルシアのヒストリーや、修道院での日々を垣間見ることができます。
一番心に残っているのは、世界中の人々からシスター・ルシアに宛てた手紙・・・
様々な願い、祈りがしたためられた手紙から、なにか伝わってきます。
シスター・ルシアは、一日20通の返事を毎日書いていたそうです。
これにも頭が下がる想いです。

祈り方は違っても、祈る気持ちは世界共通・・・すべての人たちが祈る気持ちを大切に、
仲良く生きていける世界になることを願いますキラキラ
comments(0)|trackback(0)|ポルトガル|2008-09-02_18:21|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。